セルフメディケーションと漢方 自分の健康を自分で守るために大切な事

漢方の世界は中国の世界であり、
中国の哲学、思想、文化が色濃く影響されています。

かつて、江戸時代までは日本の医療の中心は漢方でした。

やがて、オランダから医学が日本に伝わるようになり
西洋医学中心に変化していきました。

現在は西洋医学中心から
東洋医学や他の伝統医学(アーユルヴェーダ、ハーブ、アロマセラピーなど)を
取り込んだ新しい医療の形になっています。

みなさんは

「セルフメディケーション」

「プライマリケア」

という言葉を聞いたことがありますか?

この言葉の意味は

「自分の健康は自分で守る」

ということです。

健康を守るといっても、何をどうしていいか分からないと思います。

健康といってもあまりにも漠然としているからです。

この健康を考えるに当たり
一つのヒントを与えてくれるのが

「東洋医学」

だと思います。

東洋医学とは漢方、鍼、灸、按摩のすべてを総称していいます。

東洋医学の中心になる考え方は

「未病」

です。

つまり病気になる前に未然に防ぐことです。

この未病の段階で、体の不調を知ることが大切であり、
東洋医学の知識を身につけることで
誰でもが未病を知ることができると思います。

自分の体の不調をキャッチするには、常に体の状態を把握しなければなりません。

「何かいつもとちょっと違うな?」と思うことは誰にでもあると思います。

その体の声を敏感に感じ取り、体をいたわる気持ちが
とても大切です。

体の不調を「単なる気のせい」とやり過ごすのではなく
疲れを感じたら休息をとるなど体の状態に合わせる生活が必要です。

今日からみなさんは体の声を聞きとる練習をしてくださいね!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。