腸脳相関とプロバイオティクス 腸内環境が感情をコントロールしている!

先日、ある記事を読んでとても感銘しました。

それは

「腸脳相関」

に関する記事です。

脳は体の各蔵器を支配しコントロールしていることはわかりますが、
それだけではありません。

腸によって感情がコントロールされているといことです。

腸と感情って結びつかないですよね?

記事によると、
腸の刺激が情動・感情を司る、大脳辺縁系を活性化するようです。

つまり、

脳が感じる快・不快という感情は、腸感覚と深く関わっていて、
その根底には乳児期の体験が深く関わっています。

赤ちゃんはお腹がすくと不快な気分になり泣き出しますが、
お腹が温かい母乳で満たされると心地よくなってスヤスヤ眠ってしまいます。

このような原始的な体験が脳に記憶されるため、
腸感覚が快・不快に密接に関わっているようです。

腸には、脳に存在しているはずの神経伝達物質

「セロトニン」

が腸にも存在する事が解かり、
さらに体内のセロトニンの95%が腸で作られていると解かったため、
腸は「第二の脳」とまで言われています。

さらに、腸には
「100種100兆個もの細菌」
が生息して、なんと驚くことにその重量は「1~2kg」になるそうです。

これらの細菌には善玉菌悪玉菌に分けられます。

善玉菌というのはビフィズス菌とラクトバチルス菌の乳酸菌でみなさんも聞いたことがあると思います。
悪玉菌というのは大腸菌、ブドウ球菌などです。
これらの細菌のバランスがとても重要です。

老人と赤ちゃんの腸内細菌バランス(腸内フローラ)にはあきらかな違いがあり、
腸内の悪玉菌がつくる毒素によって老化が進むことや
乳酸菌には腸内細菌のバランスを回復する整腸作用に加えて

「免疫増強作用・発ガン抑制作用・コレステロール抑制作用」

などが次々と報告されています。

また、善玉菌のラクトバチルス菌が多い子供にはアレルギーが少ないことが報告され、
腸内細菌パターンがアレルギーの発症にも関与しているようです。

腸内細菌は人にとって異物であるから、免疫反応によって体外に追い出されるはずですが、
なぜか腸内細菌には免疫が起きないのです。

つまり、人と腸内細菌は共生関係にあるのです。

不思議ですよね?

共生関係とはお互いに協力し合う関係です。

実際に、ビフィズス菌などの腸内細菌は、ビタミンB群(B1、B2、B6、B12)、
ビオチン、ビタミンK、葉酸、ニコチン酸、パントテン酸などを産生したり、
栄養学的に様々な有用成分を作り出していることが解かってきています。

ですから、日頃の腸内環境を整えるのが重要です。

プロバイオティクスという言葉を聞いたことがありますか?

これは、人体に良い影響を与える微生物のことで、
それらを含む製品、食品のことを指す場合もあります。

乳酸菌に代表される善玉菌を食品から摂取することで、
腸内のバランスを改善し、病気の発生を未然に防ぐことができるのです。
ですから、積極的に腸内環境を整える食べ物をとったほうがいいですね。

具体的には、
ヨーグルトや植物性乳酸菌が入っているぬか漬け、納豆、味噌など
を毎日食べた方がいいですね。

腸内環境が養生につながると思います。

それでは、みなさんHappy Lifeをお過ごし下さい!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。