漢方エキス剤は,○○湯と名前がついている通り
本来お湯に溶かして内服するものです。

しかし、溶かすと生薬特有の香りや苦みがいっそう目立ってしまいます。

甘味料だけ加えてもむしろ苦味が際立ってしまう場合もあるので、
ココアやコーヒーなど、もともと苦味のあるフレーバーを加えるのがコツです。

お母さんからの情報ですが、麦芽飲料と混ぜると飲みやすいそうです。

確かに,麦芽糖は漢方薬の成分である膠飴(こうい)であるため、
相性がよいのも納得です。

ちなみに、膠飴が入っている漢方は子供に処方される
小建中湯(しょうけんちゅうとう)に含まれています。

また、一般に冷たいものに対しては味覚が鈍るので
エキス溶液を凍らせるのもよい手段です。

久留米大学の恵紙英昭先生たちは漢方エキス剤1袋を100cc に
溶かし,製氷皿で9 個の氷を作るという方法で,食欲の落ちた大人の方に,
六君子湯(りっくんしとう)などの漢方薬を服用してもらっているそうです。

以上、子供に漢方薬を美味しく飲ませる方法をいくつか紹介してみました。

現在、漢方薬を飲ませるのに苦労しているお母さん方は
ぜひ今回のお薦めの方法を参考にしてくださいね!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。