東洋医学的休日の過ごし方とは?感性を磨く極意が休日にあった!

みなさん、日曜日はどのように過ごされますか?

特に天気のいい日曜日は何をして過ごしますか?

恋人とドライヴ?
ショッピング?
友達と一緒にカフェ?
お家でコーヒー片手に読書?
家族でピクニック?

みなさん、それぞれの休日の過ごし方があります。
休日の過ごし方のポイントは

「日ごろやっていない行動をする」ことです。

つまり、

普段仕事でオフィッスで過ごす人、
デスクワークの人は身体を動かすことです。

また、

営業や肉体労働で身体を主に使う人は、
スタバでコーヒー片手に読書、または映画がお勧めです。

なぜ、このように言うかといいますと

「バランス」

が大切だからです。

東洋医学はバランスの医学です。

つまり、

シーソーのように互いにつりあうことが身体にとって一番ベストな状態です。

ここでいうバランスは

「頭と身体」

のバランスのことです。

デスクワーク中心の人は頭中心の人
肉体労働の人は身体中心の人です。

ですから、日ごろ

頭中心の人は、休日は身体中心

身体中心の人は、休日は頭中心

で過ごすことが大事なのです。
どちらかに偏ることなく生活するのが大事です。

普段とは違うアクションを起こして、
そこで得られた刺激を感じてください。

五感を刺激して下さい!

前にも書きましたが、
休日は、普段使っていない感覚を使うチャンスです。

使う感覚が一つなら、一つしか世界を知ることができません。
使う感覚が二つなら、二つの世界
・・・・

使う感覚が五つなら、五つの世界を知ることができます。

人間には第六感という「ひらめき」「直感」という感覚があるので
六つの感覚を使うことで
すべての世界を知ることができます。

感覚は自分で磨くものです。

それも偏ることなく、すべての感覚を研ぎ澄ますことが大事です。

みなさんも、今後、休日は普段使用していない感覚を刺激して下さい。

頭と身体のバランスをとりながら、感覚を磨く休日にして下さい。

それが、Happy lifeにつながります!

それでは、みなさん、次回も楽しみにしてください!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。