冬至と漢方 冬至は幸運をもたらすって本当?

「冬至」は一年で最も昼の時間が短い日です。

昔から冬至には
かぼちゃやこんにゃくを食べて柚子湯に入るんですよね。

かぼちゃを食べるのには、脳卒中(漢方的に言うと中風)や風邪を引かないとか
色が黄色なので金運を祈願する意味があるようです。

こんにゃくを食べるのは一年間たまったの砂下ろしをするためと言われています。

そしてゆず湯は、風邪の予防に効果があるといわれています。
寿命が長く病気にも強い柚子の木にならって、柚子風呂に入って無病息災を祈る風習になったと言われています。
また、ゆず湯は、ひび、あかぎれ、風邪の予防になります。

調べて分かったことですが
冬至に「ん」のつく食品を食べると幸運が得られるという言い伝えがあります。

冬至の七種は「ん」が2つつくもので

「なんきん(かぼちゃ)」

「にんじん」

「れんこん」

「ぎんなん」

「きんかん」

「かんてん」

「うんどん(うどん)」

でこれらを食べると病気にかからず、
うどんは運(うん)・鈍(どん)・根(こん)に通じるので出世するといわれています。

そして冬至は悪運リセットの日でもあります。

冬至は「一陽来復」の日でもあり、転じて悪いことばかり続いたあとでも、
ようやく幸運に向う日とされます。

「冬至」は詩人の杜甫が「小至」で詠ったように

「冬至 陽生じ 春又た来る」

天地に新しい「気」が生まれる日なんですね。
そのため、幸運に向かう日と言われていると思います。

「気」の巡りを良くする柚子湯に入って美味しいかぼちゃを食べ「気」
を養ったほうがいいですね。

冬至に関する言葉として

「冬至に天気がよければ翌年は豊作」

「冬至に雷が鳴れば雨が多い」

「冬至に南風がふけば地震・日照り・大雨」

「冬至に雪が降れば豊作」

という言い伝えも残っています。

豆腐を食べたり小豆粥を食べる地方もあるそうです。

みなさんの地域では何を食べますか?

北海道では、かぼちゃに餅を入れて食べていた記憶があります。

寒さが厳しくなる冬はかぼちゃや大根、ゴボウなどの根菜類を食べて
体を温めて風邪、インフルエンザの予防をしてくださいね。

それでは、みなさんHappy☆lifeをお過ごしください!!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。