お屠蘇で開運!お屠蘇に隠された漢方薬の秘密とは?

元旦の朝に飲まれる有名なお酒はなんでしょうか?

そうです、

「お屠蘇」

です。

年の初めにお酒を飲んで、うきうきとした正月の気分をあらわす言葉に、

「おとそきぶん」

と言う言葉があります。

みなさんのお家ではお屠蘇は飲まれますか?

日本には元旦の朝、家族一同がそろって屠蘇酒を飲む風習があります。
1年間の長寿健康を祈願する慣わしです。

数種類の生薬を調合した屠蘇散(屠蘇延命散)を、
清酒やみりんに一晩漬け込むお祝いのお酒です。
このお屠蘇は実は漢方薬です。

「屠蘇」というのは

「邪気を屠(ほふ)り、心身を蘇(よみがえ)らせる」

ところから名付けられたと言います。

悪鬼・疫病を治し、邪気・毒気を払うとされて、

一人でこれを飲めば一家に疫なく、
一家でこれを飲めば一里に疫なし、
元旦にこれを飲めば一年間病気にかからない

と信じられてきました。

この屠蘇散を作った人は
三国志にも登場する名医「華佗」です。

お屠蘇に処方される生薬は、絶対にこのブレンドという決まりはなく、
種類に違いはあるようですが、

だいたい白朮(びゃくじゅつ)、防風 (ぼうふう)、桔梗 (ききょう)、陳皮(ちんぴ)、
桂皮(けいひ)山椒(さんしょう)、大黄(だいおう)などが使われ、人や地域によってもさまざまの違いがあります。

効能としては、身体を温めたり、胃腸の働きを助けたり、
風邪の予防に効果的といわれる生薬を含んでいます。

普段より食べ過ぎ、飲み過ぎにもなりやすいお正月に、ごちそうとあわせて飲むのは、
単なる儀式だけでなく、健康のためにも理にかなったものと言えます。

お屠蘇の飲み方は
屠蘇散1包みを本みりんか日本酒に数時間程浸します。
大晦日の夜に日本酒か本みりんに浸けておいて
元旦の朝に飲まれるといいと思います。
(みりんやお酒の分量、ひたす時間は購入した屠蘇散の指示書に従ってください)

子どももいただく場合はみりんだけでもよいですし、
お酒が苦手な方は日本酒&本みりんをブレンドにしてもよいでしょう。
使うみりんは、必ず本みりんを使ってください。

みりんは、もともとは「味醂酎」と呼ばれ甘口のお酒として飲まれてきたもので、
アルコール類に分類されます(酒税もかかっています)。
けれども、みりん風調味料や新みりんといった商品はあくまで調味料で飲用には適しません。
中には塩分が入ったものもありますので、お間違いのないようにしてください。

お屠蘇は、一般に「若い人の生気を年長者にわける」という意味で、
年少者から年長者へと盃をおすすめします。
地域により、また厄年が人がいる場合などは、別の進め方もあるようです。
おせち料理をいただきながら、日本の伝統的な風習の中に含まれている、
先人の食の知恵や、願いの意味などを考えるいい機会ですね。

お屠蘇で開運の年を迎えてください!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。