七草粥に秘められた漢方の考えとは?

1月7日で何の日か知っていますか?

そうです、七草粥の日ですね。
お正月で疲れた胃腸を整えるために春の七草を食べます。

みなさんは、春の七草を言えますか?

せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ

以上の7種類ですね。

その効果を調べてみると色々な作用があります。

1.セリ(芹)
効能/健胃・食欲増進・解熱・利尿・去痰など

2.ナズナ 別名「三味線草」
効能/止血・消炎・鎮痛・利尿・解熱・下痢止めなど

3.ゴギョウ(御形) 別名「母子草」
効能/せき止め・去痰・扁桃腺炎・利尿など

4.ハコベラ 別名「はこべ」
効能/利尿・乳汁分泌促進・歯痛・消炎など

5.ホトケノザ キク科の「コオニタビラコ」
効能/健胃・食欲増進・歯痛など

6.スズナ(現在のかぶを指します)
効能/消化促進・解毒・せき止め・そばかすなど

7.スズシロ(現在の大根を指します)
効能/消化促進・せき止め・去痰・利尿など

この七草を選んだ先人の知恵に感銘します。

どれでもいいのではなく、きちんとした意味があっての組み合わせだと思います。
一種の漢方処方で「七草湯」と名前をつけてもいいんじゃないかと思います。

春の七草の行事は「正月の七日に春の七草を摘み、これを神前に供えてから食べれば、
その年は病気にかからない」という考えで、もともとは中国から日本へ伝わりました。

正月7日(人日)、3月3日(桃の節句)、5月5日(端午の節句)、
7月7日(七夕の節句)、9月9日(重陽の節句)を合わせて五節供と呼び、
その中の1月7日を過去1年の厄払いとこれからの1年の無病息災と招福を祈願する
「人日(じんじつ)の節句」とし、この日には、万病除けと邪気払いに良いとされる
7種の野菜や雑草を入れた粥に餅を入れた七草粥を食べる習慣があります。

たくさんある春の若草のなかで、この7つが選ばれたのはなぜか?

じつは、定説はなく、和歌に詠われたことから広まったと言われています。

「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ、これぞ七草」

鎌倉末期の四辻左大臣が詠みました。

春の七草があれば、秋の七草というのもあります。

秋の七草は、日本各地の野や山に野生しており、日本の四季を感じさせ
鑑賞用としても薬用としても重宝な草花です。

春の七草と違って食用ではないですね。

その七草とは

萩(はぎ)、尾花(おばな)、葛(くず)、撫子(なでしこ)、
女郎花(おみなえし)、藤袴(ふじばかま)、桔梗(ききょう)です。

これらの植物には、漢方処方の中の主要な生薬があります。

葛は葛根湯の主薬でもあり、かぜのひき始めにくず湯としても愛用されています。
桔梗は痰を伴うせき、化膿性のはれものによく、
女郎花の根は敗醤根として利尿、解毒、はれものに使われます。

このように、日本の伝統文化、食文化を紐解いてみると、
そこから、深い先人の知恵を汲み取ることができます。
日本は自然豊かな国です。

昔は、自然と一緒に生活し、そこから文化を育んできました。

現代は、どうしてもテクノロジー優先の時代で、
ついつい自然を蔑ろにしてしまいます。

私達は自然とは切り離しては生きていけません。

そのことをもう一度考えて毎日の生活を過ごしてみてはいかがでしょうか?
きっと心豊かな人生が花開くと思います。

それでは、みなさん、今日も幸せにお過ごし下さい!!

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。